雨引観音(雨引山楽法寺)は、厄除延命安産子育の霊験あらたかな延命観世音菩薩を本尊佛として、おまつり申し上げる坂東観音霊場第二十四番札所の名刹である。
貫主のおはなし

平成16年

聖見堂

 当山境内に聖見堂というお堂がある。この堂内には大日如来と弘法大師がまつられている。  言うまでもないが、弘法大師は厄除の功徳あらたかであるというので、お詣りする人が絶えることがない。  実は、弘法大師は御名を空海と申し …

宗尊親王様のこと

 寺伝によれば、  雨引観音は五八七年の開山であるが、中古衰微して、鎌倉時代の文明六年(1,254)後嵯峨天皇の皇子で鎌倉幕府の将軍であった宗尊親王さまの御寄進によって、観音堂・多宝塔(当時は三重塔)・仁王門・鐘楼堂・上 …

護摩のはなし

 当山における最も尊い行法とされている「護摩の法」について、当山中興第十世宥円和尚の事跡を中心にお話しいたします。  宥円さんは行者として非常にすぐれたお方でした。たとえば・・・こんなことがありました。  十年間雨引山の …

延命観世音ぼさつ御開帳のこと

 二月は陰暦(旧暦)の一月であるので、旧正月に因んだことを申し上げます。  私は当山住職の世代でいえば中興三十一世であるが、私より十六代前の住職堯宗の時のこと。  一月二十八日深夜、俄に観音堂が震動し、御本尊延命観世音菩 …

PAGETOP
Copyright © 雨引観音 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.